当院について


 

院長 岩山 隆憲  (いわやま たかのり)
[ 資格・所属学会 ]
  • 日本形成外科学会(専門医)
  • 日本美容外科学会JSAPS(教育専門医)
  • 日本美容外科学会JSAS(正会員)
  • 日本創傷外科学会(正会員)
  • 日本レーザー医学会(正会員)
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会(正会員)
  • 臨床研修指導医(厚生労働省)
  • VASER認定医(VASER脂肪吸引)
  • VST認定医(アラガンボトックス・ヒアルロン酸 施術認定医)

院長経歴

2005年04月 神戸大学医学部附属病院臨床研修医 2007年04月 神戸大学医学部附属病院形成外科医員
2008年01月 国立病院機構姫路医療センター形成外科医員
2009年01月 神戸大学医学部附属病院形成外科医員
2009年09月 三田市民病院形成外科医師
2011年08月 宝塚市立病院形成外科医長
2012年08月 明和病院形成外科医師
2014年04月 神戸大学医学部附属病院形成外科医員
2014年10月 神戸大学病院美容外科特定助教
2017年01月 神戸大学形成外科外来医長
2019年04月 神美庵トータルスキンクリニック院長


ごあいさつ

 私はこれまで、患者さんのための外来づくりをモットーとし、大学病院形成外科、市中病院形成外科、大手美容外科、個人開院美容外科で手術執刀、初期研修医・専攻医の育成と、皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科の診療(2018年、年間延べ外来患者数1万人・手術件数約400症例)に従事し、大学病院勤務と同時に・地域医療・美容医療を行って参りました。
 
当院で診療している科の皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科はそれぞれが密に繋がっており、どの科が欠けても総合的な外面や皮膚の治療は難しいと考え、皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科の連携した「神美庵トータルスキンクリニック」を2019年4月に開院に至りました。 
 
2019年4月開院から2020年8月に至るまで、延べ外来人数5632人、手術件数506件、レーザー件数1298件の患者さんにご来院いただきました。
 
現在のコロナ渦におきましては、感染防御を徹底し治療に当たるように診療を行っております。
 
これまでの経験を活かし、わかりやすい説明と丁寧な治療を心掛け、地域の皆様に愛されるクリニックを目指します。
 
上まぶたの二重手術・たるみとり手術、下まぶたのクマ除去手術、隆鼻手術、フェイスリフト、脂肪吸引手術、シミ・しわたるみのレーザー、脱毛レーザーや傷あと、熱傷(やけど)あと、にきび、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、皮膚のできものの切除やまぶたのたるみ治療などの、自費診療から保険診療まで皮膚や形態のお悩みにトータル(総合的)な診療を行うよう心がけています。

院長 岩山 隆憲

神美庵のこだわり

 

 

手術・処置

 
安心して治療・手術を
受けていただけるよう
心がけています。

 
 

 
 

 
 

 


神美庵のこだわり

 私は長年、手術執刀を行っておりますが、一人の患者さんが手術を受けられる回数は一生にそう多くはないと考えています。
 
一生に一度となる可能性のある手術は、できるだけ安楽に受けていただき、手術の後のケアもしっかりと行い、最も目立ちにくいキズあとにすることが大事です。
 
形成外科や美容外科の手術は緊急性の少ない手術が多く、すぐに手術を行わなければ命に関わる疾患は多くありません。
 だからこそしっかりと準備をし、手術に望み、術後のキズあとも含め一緒に診ていくことが必要です。
 
手術の際のご不安を和らげることと、術後の再診の重視を当院では行っております。
 
使用する手術器具、超音波洗浄機、蒸気圧滅菌機材、手術台(大学病院と同じ手術台)褥瘡予防様シート等に至るまでこだわって揃えております。
使用する薬剤や糸、麻酔液、針等も厳選しております。
  
また、当院では美容皮膚科・美容外科、一般形成外科外来を長年経験のある総看護師長が手術介助、外来、美容レーザーの指導を行っております。
 
手術室では、手術感染対策や周術期の患者さんのケアも重視しております。
手術室看護師長(約15年の手術室勤務、周術期管理チーム認定資格保持看護師)が主体となって感染対策、手術機材の取り扱い・滅菌、術前術後の患者さんへのケアを行っております。
 
美容目的のレーザー照射を担当する看護師は、レーザー経験豊富かつ十分な指導のもとで、私自身が当該看護師による施術を受け、許可した看護師のみがレーザー照射や照射後のケアを行っております。
 
個人のクリニックでは、少しオーバーかも知れませんが、念には念を入れることはいくら行っても良いと考えています。
    

 
皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容皮膚科の垣根は曖昧なようですが、治療が必要な病態や症状と、美容を唯一の目的とする状態は異なります。
 
当院では正確な診断に基づき、自費診療と保険診療はカルテを別として明確に区分しております。
 

 
 
院長 

麻酔
麻酔科専門医の手術麻酔が可能です。


当院では 保険診療・自費診療を問わず、手術の規模やお体の状態に合わせて麻酔科専門医の麻酔をお受けいただけます。
 
必要に応じて術前術後の採血検査や心電図検査等から、安全な手術を行うよう周術期の管理させていただいております。

 


 

 

手術室看護


ご不安を少しでも軽減できるように心がけています。
手術を受けられる全ての患者さんが安全・安楽に手術を終えることができるよう、スタッフ全員で心のこもった治療を提供できる環境を作っています。

手術室看護師長

 

 
 

手術器具・機材


 形成外科・美容外科で使用する器具は、繊細で細かく精密な管理が必要です。
 
手術は、小さな腫瘍の切除、やけど・ケガによる瘢痕修正、皮膚移植など保険適応となる手術から、美容を目的とした二重手術・隆鼻術・フェイスリフト・脂肪吸引等の自費治療による美容手術まで幅広く行っています。
 
お子様からご年配の方まで、患者さんのニーズに合わせた手術を行っています。
 
手術や処置で使用する器械は洗浄効果の高い超音波洗浄機を使用しており、感染対策にも力を入れております。


 

手術機材洗浄
当院では、超音波洗浄機を使用しています。


 手術や処置で使用する器械は洗浄効果の高い超音波洗浄機を使用しています。
大学病院や市中病院でも多く普及しており従来の手洗い洗浄方法に比べ、より洗浄効果が高く優れているとされています。
当院では超音波洗浄機を用い、清潔な物品での手術・処置を行うようにしております。


滅菌処理
高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)


手術器械・処置物品は、超音波洗浄機で適切に洗浄を行った後、滅菌処理をしています。 全ての手術機材は高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)を使用し、滅菌を行っています。
 

安全で安楽な手術環境
体圧分散への配慮



手術中の体の負担を軽減します。
適切な体圧分散、安楽な体位を心がけています。クッションやタオルなどに比べ伸縮性に優れ皮膚の負担が軽減されます。大学病院や市中病院中央手術室などでも使用されている医療物品です。豊富な経験のもとより、より良い看護ケアの一貫として手術室で使用しています。


 


救命装備



手術中のいかなる異変にも迅速に対応できる環境・スタッフが揃っています。小さな手術でも、リスクは必ず伴います。手術前のカウンセリングで過去の病歴や内服などお聞かせください。

 


院内設備 

 

 受付
 
 

  待合
 

 パウダールーム
 

レーザー室
 

レーザー室
 

 診察・施術室
 

カウンセリング 点滴ルーム

手術室