保険の手術について


 

〜瞼の手術〜

保険適応手術でのまぶたの手術は大きく分けて3つに大別されます。
上まぶた、下まぶた、目頭の手術です。  
保険適応で手術を行う疾患の状態と、保険適応されない状態がありますので、まずは診察をおこない瞼の状態を確認することが必要です。

上まぶたの手術1 眼瞼下垂症手術

上まぶたの機能は目を開くこと、目を閉じることを目的としており、その大きな目的は光を眼球に取り入れることと、眼球の保護です。
開瞼(かいけん)、閉瞼(へいけん)という瞼の動きは上記のため一日に数千回行われています。
しかし、加齢性によって徐々にまぶたも変化してきます。大きな変化は
【開くための筋肉が弱って開きにくくなる】
【瞼の皮膚がたるむことにより開きにくくなる】
この2つです。
形成外科ではこの2つを改善し、日常生活の質の向上を目的として手術を行っております。 
術式は瞼の開きの程度や皮膚の下垂の程度によって変わりますが、目的は目の開きを改善することです。
ただし、目の開きが改善することによって、全てが良い方向になるとは限りません。
もともとドライアイがある方は目がよく開くことによって、より眼球の乾きが悪化することもありますし、術前と視力が変化することもあります。
手術前にそのような可能性が疑われる場合は必ず眼科受診を行っていただき眼球や涙器、視力の状態を確認していただきます。


上まぶたの手術2 睫毛内反症・眼瞼内反症手術

上まぶたの縁には睫毛(しょうもう)という毛が生えています。
この毛が生まれつきまたは加齢性に眼球側を向いてしまい、睫毛によって眼球表面が傷つく状態があります。一般的には逆まつげと呼ばれる状態です。
これを睫毛内反症(正確には眼瞼内反症)といいます。
そのままの状態を続けますと、眼球に傷が付き不可逆な損傷を引き起こします。
治療法は大きく分けて3つです。
・内側を向いている毛を抜く、生えてきたらまた抜く
・針による減毛処置を行う
・手術による加療
となります。
当院では手術による加療を行っていますが、眼球の表面の傷の程度などの確認のため眼科受診も場合によっては、行っていただいております。


 
 

下まぶたの手術1   眼瞼外反症手術

下まぶたは上まぶたと同様に開瞼、閉瞼運動を行っておりますが、その機能は上まぶたに比べると弱く、加齢性変化による筋力の低下を著しく受けることは稀です。
しかし、皮膚の弛緩によって瞼が外側(あっかんべー)のような状態、または逆まつげになることもあります。
そのような状態になると涙が多くでたり、目やにが多くなったり、白目が充血したりという症状が出てきます。
加齢性変化により瞼が外側を向いてしまう場合は手術により改善することが可能です。 


下まぶたの手術2   睫毛内反症・眼瞼内反症手術

また、上まぶたと同じように生まれつき逆まつげの方がおられます。
下まぶたの縁には睫毛(しょうもう)という毛が生えています。
この毛が生まれつきまたは加齢性に眼球側を向いてしまい、睫毛によって眼球表面が傷つく状態があります。一般的には逆まつげと呼ばれる状態です。
これを睫毛内反症(正確には眼瞼内反症)といいます。
そのままの状態を続けますと、眼球に傷が付き不可逆な損傷を引き起こします。
治療法は大きく分けて3つ
・内側を向いている毛を抜く、生えてきたらまた抜く
・針による減毛処置を行う
・手術による加療
となります。
当院では手術による加療を行っていますが、眼球の表面の傷の程度などの確認のため眼科受診を行っていただく場合があります。


目頭の手術 内眥形成手術

黄色人種の目頭には一般的に蒙古ひだと呼ばれるヒダがあります。
ヒダの張りが強く、目頭側の睫毛が内反(逆まつげ)になっている場合は形成手術が適応となります。
 
 
 

 

 〜鼻の手術〜


形成外科で行う鼻の手術は
外傷によって変形してしまった鼻の骨の修正を行います。
 
・受傷直後〜1周間以内の鼻の骨折
怪我による鼻の骨折は多々ある顔面を構成する骨の中でも最多の疾患です。
CTによる骨折の精査と骨を元の位置戻す手術を行います。
当院では局所麻酔や静脈麻酔を行い鼻の手術を行っています。
 
鼻の骨をもとに戻すのは割れた皿を元に戻す作業に似ています。
もともとあった鼻の形になるべく戻すようにしておりますが、割れ方によっては完全な修正が不能である場合もあります。
手術前のCT検査で術後の様子もある程度予測できますので診察時にお話させていただきます。
 
・受傷後数ヶ月〜数年経過した後の鼻の曲がりの手術
怪我による骨折で変形治癒してしまった骨を矯正する手術です。
これは、すでにくっついてしまった割れた皿をもう一度割って元の状態に戻すような手術です。
怪我の程度と、骨のくっつき方によって、手術での改善具合が異なってきます。
手術前の骨の切断方法等もCT検査を用いた検討が必要です。
 


 

 〜できものの手術〜


形成外科で行うできものの手術は皮膚の表面から深部に至るまで多くの手術があります。
頭部〜足の先までの、できものに対応します。
 
一口にできものと言っても多種あり、それぞれのできものの部位や大きさによって手術の術式は異なります。
 
皮膚の表面の細胞からできるもの、毛穴からできるもの、脂や汗の袋(腺)からできるもの、血管や脂肪、神経からできるもの等様々です。
 
まずは受診していただき手術が必要かどうか、他の治療はないか(内服薬や外用薬でも改善するできものはあります)の診断が必要です。
 
その際に、症状から悪性が疑われる場合には検査も必要になります。
 
良性や悪性の判断も含め当院では、病理検査は外部に委託しており専門の先生に顕微鏡での診断を行っていただいております。
 


 

 〜ケガやキズアトの手術〜


 
形成外科で行うケガやキズアトの手術も頭部〜足まであらゆるケガに対応します。
 
まず、ケガやキズアトの評価を行います。
 
一般的にケガは顔面の場合は24時間、その他の体の場合は6-8時間が縫合可能な時間と言われております。
 
ケガをした場合には、速やかな傷の評価と縫合が必要な場合も多く、ちいさなケガでも後で感染や瘢痕という状態になることもあり注意が必要です。
 
受診された際に縫合手術が必要かどうか、他の治療はないか(内服薬や外用薬でも改善するできものはあります)の診断を行います。
 
キズアトの修正の場合はキズアトの正確な評価が必要です。
手術を行うことはもう一度からだにキズをつけることになります。
体質的にキズアトが盛り上がる方もおられ、術前の評価には注意が必要です。
 
キズアトに腫瘍が発生することもあります、切除を行った際には、病理検査は外部に委託しており専門の先生に顕微鏡での診断を行っていただいております。
 


 
 〜やけどの手術〜


形成外科で行うやけどの手術に対応します。
 
まず、やけどの評価を行います。
 
一般的にやけどは2週間を超えてジュクジュク(汁がでている、白くなっている、黒くなっている等)する場合は何らかの手術が必要になることが多く、初期治療に注意が必要です。
 
手術はやけど部分の切除(皮弁術)や植皮術(他の部分からの皮膚を移植)等を行います。
 
やけどは治ったあとも肥厚性瘢痕やケロイドが発生することもあります、治療により切除を行った際には、病理検査は外部に委託しており専門の先生に顕微鏡での診断を行っていただいております。
 


休診日 日・木・祝日
 診療時間 11時〜20時
最終受付 19時30分
土曜日のみ 10時〜19時 最終受付18時30分
電話予約は診療時間内にお願いいたします。
※休診日以外で学会等不定休等となる場合があります。
診療カレンダーをご参照ください。